Return to site

レバノンと日本 ー 法の支配

レバノンの Corruption Perception Index (CPI) は28。日本のCPIは73だ。ちなみに、フランスは72、ブラジルは35である。CPIはゼロから100までのスケールで表され、0が極めて腐敗、100が極めてクリーン、である。

レバノンのRule of Law Index(0から1のスケールで表され、1が法の支配の原則を最も強固に遵守している)のスコアは0.47 (ランクは89位)で日本は0.78 (15位)だ。ちなみに、フランスは0.73 (17位)で、ブラジルは0.53 (58位)だ。

もしゴーン氏が、法の支配の原則に基づく公正な裁判を受けたかったのであれば、レバノンではなくフランスを選ぶべきであった。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK